株式会社 大進コンサルタント

地理情報(GIS)システム業務

地理情報システム(GIS)業務について

地理情報システム(GIS)とは

“地図”と”データ”を結びつけて、コンピュータ上に再現し、位置やデータからさまざまな情報を加工したり、分析したり、分かりやすく地図表記したりすることができる仕組みです。

当社の地理情報システム(GIS)に対する考え

GISを道具として業務の効率向上に役立て、また新たな営業展開へのツールとしてシステムを提案していきます。

地理情報システム(GIS)

  • 林小班図編集システム森林の管理図である林小班図と地籍図を重ねて、自動的に新林小班図を作成するシステムです。
  • 道路台帳管理道路台帳、林道台帳の管理システム、道路動画の取組みも行っています。
  • 上下水道台帳管理システムWeb版下水道管理システム
  • 図面編集処理簡易な図面編集からラスター/ベクター変換まで迅速に行います。
  • 森林管理システム地図・図面・森林情報(森林,施業情報)をコンピュータに入力し、図面と森林情報の関連付けを行い、迅速な情報検索、正確なデータ管理を行うことができます。また、施業履歴管理や山林所有者への説明や問い合わせにも迅速に対応できます。

地図データ処理について「特許取得」 特許第4232055号
「地図データ処理プログラム及びプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体」

実績

  森林組合 導入時期
上球磨森林組合 H17年8月
鹿本森林組合 H17年9月
中球磨森林組合 H17年10月
菊池森林組合 H17年10月
多良木町森林組合 H17年10月
相良村森林組合 H17年12月
球磨村森林組合 H18年1月
小国森林組合 H18年1月
人吉市森林組合 H18年1月
10 山江村森林組合 H18年2月
11 天草地域森林組合 H18年6月
12 緑川森林組合 H18年7月
13 阿蘇郡森林組合 H18年10月
14 五木村森林組合 H18年12月
15 熊本県森林組合連合会 H18年12月

  受注先 受注時期
熊本県庁森林整備課 H20年度
山形県庁森林課 H20年度
熊本県庁森林整備課 H23年度
(株)双葉建設コンサルタント(山形県庁) H23年度
(株)石川技研コンサルタント(秋田県庁) H23年度
(株)相愛(高知県庁) H23年度

( )内は元受注先

   
JH九州区域平面図編集
林道台帳作成
市房ダム区域図編集

測量調査業務

業務案内