株式会社 大進コンサルタント株式会社 大進コンサルタント

MENU

調査部門

 
 

非破壊検査業務

非破壊検査により、構造物の強度推定および
構造物内部の状態を把握するなどの調査診断業務を行っています。

弾性波レーダシステム(iTECS)

測定が簡単
センサーをコンクリート面に軽く押し付けて、鋼球で打撃するだけの簡単な測定です。基本的にコンクリートの表面処理は不要です。
多機能
①弾性波速度にて圧縮強度推定
②コンクリート部材厚さ測定
③コンクリート内部欠陥探査
④コンクリートひび割深さ測定
⑤構成防護柵の支柱長さ測定
高精度
コンクリートの厚さの測定誤差は、弾性波速度の設定が正しければ1%以内(計算上の分解能は、±1mm 以下)です。水平方向の分解能は、打撃点と測定点の距離に依存しますが、約3cmです。

電磁波レーダ
(ハンディサーチ)

測定が簡単
コンクリート表面に固定が不要で、器械を移動させながら測定でき、現場ですぐコンクリート内部状況が把握できます。
リアルタイム処理
測定時にリアルタイムで内蔵固定表面波による自動表面波処理を行います。 また、測定中に測定データの表面波を利用した表面波処理に切り替えができ、高精度の表面波処理が可能です。
小型軽量
本器は約1kgと軽く、楽に操作できます。

RC構造物の現状を
より正しく診断

非破壊検査から理論分析、破壊検査まで、RC構造物の現状をより正しく診断します。

圧縮強度の推定

経年劣化するにつれ、コンクリート構造物の圧縮強度は変化していきます。新設時の品質管理、既設構造物の現状把握や補強・補修計画の際には、コンクリートの圧縮強度を知ることが重要です。非破壊検査のみならず、破壊検査による結果検証も並行して行うことを可能にしたのは大進流診断法です。

健全性診断・品質評価

コンクリート構造物の表層部の劣化・剥離あるいは内部欠陥を測定する場合には、弾性波レーダシステム(iTECS)及びコンクリートテスター(CTS)は有効な非破壊検査装置です。コンピュータと連動させ、測定結果を現場において迅速・高精度でかつ面的に表現できる点が最大の特徴と言えます。また、破壊検査によってコンクリートの中性化度合いの調査もできます。

ひび割れ深さの測定

コンクリート表面のひび割れ深さを測定する場合には、弾性波レーダシステム(iTECS)がもっとも効率的な測定方法です。測定弾性波波形の変化よりひび割れ深さを推定でき、作業員一人でも手軽に測定できます。

鉄筋探査

コンクリート構造物と言えば、地上の橋梁の橋脚・床版、擁壁、建物の外壁等に限らず、基礎や杭などの地下構造物も含まれます。設計図の紛失時には、これらの構造物の配筋状態や基礎の根入れ深さ等の情報を図面から知ることができないため、現場検証が少なくありません。そこで、電磁波レーダやiTECSは有力な検査方法です。

*.弾性波レーダシステム(iTECS)は、衝撃弾性波によるコンクリート構造物の非破壊試験装置で、すでに国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に、技術活用パイロット事業に活用する技術として登録されました。登録番号:QS-040028-A

**.コンクリートテスタ(CTS02)は、コンクリート系構造物の健全性診断方法として特許を取得し、国土交通省のNETISにも登録されました。登録番号:特許第3691477号、NETIS登録番号:HK-060013-A

高度な調査診断技術力の向上を目指す

実績+専門家の指導+試験研究 高度な調査診断技術力の向上を目指す

大進コンサルタントでは定期的に開催される各種技術研修プログラムの参加・自己学習・試験研究などを通じて、構造物診断業務に携わる技術者が
基礎理論知識を身に付けながら、実践力を磨いています。さらに、専門家による技術指導及び診断結果のチェックも行い、測定
理論の理解や解析結果の判断を間違いないよう、きめ細やかなフォローを行います。

 
 

件名 調査概要 試験方法
熊本3号古城第2橋下部工(A1)外工事微破壊非破壊試験一式 ・圧縮強度推定
・配筋状態およびかぶり測定
・ボス試験
・衝撃弾性波法(iTECS法)
・電磁波レーダ法
九州横断道(嘉島~山都)御船川橋下部工(P2・A2)工事微破壊・非破壊試験一式 ・圧縮強度推定
・配筋状態およびかぶり測定
・ボス試験
・衝撃弾性波法(iTECS法)
・電磁波レーダ法
御船甲佐線(田口橋)28年発生橋梁災害復旧(その2)工事配筋探査一式 ・配筋探査 ・電磁波レーダ法
九州自動車道 木山川橋震災復旧工事 配筋探査一式 ・配筋探査 ・電磁波レーダ法
・電磁誘導法
熊本57号ニ番東原橋部工工事 非破壊試験一式 ・圧縮強度推定
・配筋状態およびかぶり測定
・衝撃弾性波法(iTECS法)
・電磁波レーダ法
小川単県自然債河川改良(橋梁下部工)工事 微破壊・非破壊試験一式 ・圧縮強度推定
・配筋状態およびかぶり測定
・ボス試験
・衝撃弾性波法(iTECS法)
・電磁波レーダ法
町道五楽安永線(五楽橋)28年発生橋梁災害復旧工事 微破壊・非破壊試験一式 ・圧縮強度推定
・配筋状態およびかぶり測定
・ボス試験
・衝撃弾性波法(iTECS法)
・電磁波レーダ法


会議主催者 論文タイトル・著者
土木学会西部支部研究発表会(2005.3福岡) 「衝撃弾性波法によるコンクリート内部空洞の簡易探査法」
尾場瀬 宏美・極檀 邦夫・境 友昭・池端 秀幸
コンクリート工学協会年次大会(2005.6名古屋) 「動的FEM解析によるコンクリート内部欠陥探査のメカニズムに関する研究」
尾場瀬 宏美・極檀 邦夫・境 友昭・池端 秀幸
土木学会年次大会(2005.9東京) 「衝撃弾性波法によるコンクリート内部空洞の弾性波速度の一考察」
尾場瀬 宏美・極檀 邦夫・境 友昭・池端 秀幸
熊本県測量設計・建設コンサルタンツ協会第4回業務報告会(2006.6熊本) 「非破壊検査装置によるコンクリート強度の推定」
那須 政人
熊本県測量設計・建設コンサルタンツ協会第6回業務報告会(2008.7熊本) 「衝撃弾性波法によるひび割れ深さ測定」
炭谷 浩一
熊本県測量設計・建設コンサルタンツ協会第8回業務報告会(2010.9熊本) 「衝撃弾性波法による箱桁橋の下床版変状調査」
那須 政人
熊本県測量設計・建設コンサルタンツ協会第9回業務報告会(2011.9熊本) 「配合種別における表面弾性波速度による強度推定」
炭谷 浩一
土木学会 第70回年次学術講演会(2015.9岡山) 「PC橋梁桁の健全性1次診断方法としての弾性波速度測定」
炭谷 浩一・岩野 聡史・山下 健太郎
日本非破壊検査協会 平成27年度秋季講演大会(2015.10札幌) 「既設コンクリートでの弾性波伝搬速度の測定方法の検討」
炭谷 浩一・岩野 聡史・山下 健太郎
日本非破壊検査協会 平成27年度秋季講演大会(2015.10札幌) 「衝撃弾性波法における入力信号周波数制御方法」
炭谷 浩一・山下 健太郎
土木学会 第71回年次学術講演会(2016.9仙台) 「周波数制御した弾性波によるコンクリート内部欠陥探査
-供試体実験-」
炭谷 浩一・山下 健太郎
土木学会 第72回年次学術講演会(2017.9福岡) 「受信波の位相変化量に基づいた内部欠陥サイズ推定方法の検討」
炭谷 浩一・山下 健太郎
熊本県測量設計・建設コンサルタンツ協会第13回技術発表会(2017.11熊本) 「衝撃弾性波による矢板の健全性調査事例と課題」
那須 政人・尾場瀬 宏美
日本非破壊検査協会2019年度ミニシンポジウム(2019.6東京) 「新設構造物の圧縮強度試験への衝撃弾性波法の適用事例」
炭谷浩一・岩野聡史・森濱和正